THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから【シーズン1-1話】

シーズン1の1話です。

〜アマゾンプライムで配信中です〜

物語の性質上、謎解き要素もあるのでネタバレを気にされる方はご注意ください。

「誕生日が同じ人は世界中に1800万人以上」
というナレーションから始まります。
とにかく時系列がぐちゃぐちゃというこの物語の特徴に最初とまどい、
わけがわからなくなってました。

とりあえず、以下のキャラクターが主要登場人物なんだと理解。
・二人の夫妻(ジャックとレベッカ)→レベッカは三つ子を妊娠中のよう。
・肥満な女性(ケイト)→過食症に悩んでいる?
・エリートサラリーマンっぽい黒人(ランダル)→父親を探している?
・ハンサムだが落ち目っぽいドラマ俳優(ケヴィン)→自身のキャリアに悩んでいる?

後にケイト、ランダル、ケヴィンは兄弟だとわかる。(これからビッグ3と呼びます。)
察しがいい人は
レベッカの三つ子を妊娠中→過去と現在を交差させながら進めていく物語?
とわかるかと。

そう、二人の夫妻(ジャックとレベッカ)の子供達がビッグ3なのです!

このブログでは★過去、★現在、★感想と分けて説明していきたいと思います。


★過去
ピッツバーグに住むジャックは妻レベッカ(三つ子を妊娠中)と自身の36歳の誕生日を祝っていました。
しかし、レベッカが破水してしまい、予定日より早く出産へ向かいます。
レベッカは男の子(ケヴィン)と女の子(ケイト)を産みますが、残る1人を死産で失います。
ジャックは新生児室で2人の隣に並んでいた捨て子(ランダル)に運命的なものを感じ、養子にすることを決めます。
ランダルは消防署に捨てられており、消防隊員によって同じ病院に連れて来られていました。

★現在
脱肥満を目指すケイトは36歳の誕生日に、減量のためのカウンセリングでトビーという男性と親しくなります。

同日、ハリウッドで人気番組『シッターマン』の主演を務めていたケイトの兄ケヴィンは、
役柄に満足できず、観客がいる中で爆発し、降板してしまいます。

一方、ケヴィンの弟ランダルは、産まれてすぐに自分を消防署の前に捨てていった実の父親の行方を探し当て、フィラデルフィアに会いに行きます。
ランダルは成功しており、良い親に恵まれたことや現在の幸せな生活について話し、恨みつらみ
をぶつけていきます。
「地獄へ落ちろ」とまでも。
ですが、なぜか気持ちがくじけ、娘たちに会わせようと自宅へ招こうとします。
あれだけ怒りをぶちまけた後、すっきりしたのか自宅へ招くとはwww

・肥満に悩んでおり、自分の容姿に自身がもてないケイト
・自身の仕事に満足できず仕事を投げ出してしまったケヴィン
・実の父親が見つかり、情緒不安定になるランダル

ビッグ3それぞれが悩みをかかえており、36歳という難しい年齢にも直面しています。

★感想
ケイトとトビーがいい感じになるシーンでケヴィンが酒を片手に登場し、
雰囲気ぶち壊すシーンが好きです。
ケイトとケヴィンてほんと仲いいですよね。
最後ケイトの家に置いてあるケイト、ケヴィン、ランダルが写っている写真
でランダルも兄弟なんだとわかります。

特典で俳優たちが語り合ってる映像もあり、大満足でした。
脚本はもちろん俳優たちもそれぞれ魅力があり、期待できそうなドラマです。

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント