THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから【シーズン1-8話】

シーズン1の8話です。

★過去
感謝祭の旅行でピアソン一家はレベッカの両親の家に車で6時間かけて向かいます。
車で向かう途中、事故を起こし、モーテルに泊まることに。
ジャックは帽子を被ってピルグリム・リックに扮し、ポリスアカデミー3の映画を見せて子供たちを楽しませます。

★現在
現在でも感謝祭を控えており、ケイトはダイエットが上手くいかないせいかトビーと距離を置き、独りでランダル家に向かいます。

一方、ケヴィンはオリヴィアをランダルの家での感謝祭に招きます。
レベッカとミゲルもランダル家に招かれ、賑やかな感謝祭になりそうです。
前回、ベスはレベッカとウィリアムが知り合いであったことを知ってしまったので、レベッカに白状するよう迫ります。
しかし、ランダルはウィリアムの部屋でレベッカからの手紙を見つけてしまいます。。。
結果、みんなの前で怒りをレベッカにぶちまけることにΣ(・□・;)

オリヴィアは家族と確執があるようで居心地が悪くなったのか急に出て行ってしまいます。
外でuber待ちしていたオリヴィアはウィリアムから、
若いうちにケヴィンに優しくするよう諭され、ケヴィンの元へ戻ります。
uber使うってのが何とも現代っぽい感じです。
一家はそろってポリスアカデミー3を見ます。

ケイトは飛行機でランダル家へ向かっています。
途中、飛行機が激しく揺れて死を覚悟し、胃のバイパス手術を受けることを家族に告げます。

★感想
とうとうランダルはレベッカとウィリアムが知人であったことを知ります。
ランダルの悲しみと怒りが入り混じったあの表情はなんともいえないものでした。。。
真実を隠していたレベッカも気持ちはわかりますが、ランダルを失ってしまうかもという自分のエゴだったのかと。。

ランダル家へ着いたケイトは胃のバイパス手術を受けると重大発表しますが、
家族はそれどころじゃねえよという表情www
ケイトも自分の中で重大な決心をしますが、ランダルの問題のほうが大きいよう。。

賢く貯めるならモッピー。1P=1円で交換先も多数!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント